経年劣化が気になればマンション大規模修繕工事業者に依頼しよう

ビルと男性

管理組合を助ける会社

マンション

工事に失敗をしない方法

分譲マンションに住んでいると、管理組合の理事長や理事などの仕事を担当することがあります。管理組合で一番難しくて大変な業務は、12年ごと、15年ごとなどに行われる大規模修繕工事です。マンションの資産価値を守るために、住民が積み立ててきた修繕積立金を有効活用して大規模修繕工事を行うことが大切ですが、マンションの劣化状況を正しく判断したり、修繕計画を立てたり、住民の理解を得るための活動をしたりとやらなくてはいけないことが山ほどあります。また、管理組合を担当する住民たちにもそれぞれの仕事があり、管理組合の業務にあてる時間がなかなか確保できません。そこで、あとから後悔するような致命的な失敗をする前に、大規模修繕工事をコンサルティングしてくれる専門の会社にサポートを依頼することが必要になります。

住民への適切なアドバイス

大規模修繕工事のコンサルティング会社は、建築士やマンション管理士といったプロフェッショナルな専門家で構成されています。大規模修繕工事に向けての厳正な調査や診断、修繕計画の作成、適切な施工会社の選定、工事中の監理など、さまざまな業務を代行したり、サポートしたりしてくれます。さらに、専門知識のない管理組合の住民に対して、大規模修繕工事について詳しくレクチャーするサービスを提供しているコンサルティング会社もあります。建物の劣化状況を調べる作業に同行したり、大規模修繕工事の注意点や進め方などを丁寧にアドバイスしてもらえます。修繕委員会の円滑な運営方法なども教えてもらうことができ、レクチャーを受けることで住民同士が知識を共有して、一丸となって大規模修繕工事を行うことができたと好評です。